4月始まりの手帳のおかげで、また新たな1年が始まると錯覚できます。同じ日々の繰り返しも大事なのですが、小さな変化を楽しみながら無事に過ごせれればと思います。