Home > スタッフブログ

スタッフブログ

懸賞生活2018 その17

「情報誌だいすき」の懸賞で「まねきの湯」の入館券が当たりました。空いてそうな平日に利用できればと思います。年末になり、当選ペースが上がってきました。肉や魚等、年の瀬の食卓を彩るような商品が届くことを願うばかりです。

懸賞生活2018 その16

ジャムの「アオハタ」よりホテルオークラ監修のケーキが送られてきました。クリスマス前にケーキが当選!甘いもの好き、ジャム好きの私にとって最高のタイミング。

お台場へ

大東建託様の招待会に参加するため、東京台場フジテレビ横にある「グランドニッコー台場」へ行ってきました。ブログに掲載するのもおこがましいのですが、もっと成績を上げ堂々と参加してみたいものです。本来はとても参加なんてできない成績です。会場が大きければ大きいほど、申し訳ない気持ちで満たされます。話は打って変わって、お台場へは「ゆりかもめ」に乗って行ったのですが、経由駅の新橋駅近くに、この出張のもう一つの目的地がありました。NHKの「ドキュメント72時間」で9月に放送された、「ジューススタンド ベジタリアン」。サラリーマンの聖地新橋に約50年前から構える老舗のジューススタンド。季節の野菜、果物をその場でジュースに仕上げる、知る人ぞ知るサラリーマンのオアシス。観光ではなかなか行かない新橋ですが、混ぜ物無しの本物のジュース、飲むと価値観変わりますよ~。

懸賞生活2018 その15

10,000円分のギフトカードが本命だったのですが、500円のクオカードが当たりました。懸賞は本来こういうもの。2,000円や5,000円、ましてや10,000円の現金が当たるなんて夢の中の出来事。でも・・・当たってる人いるんですよね。

男の為の懸賞

妻の懸賞が絶不調だ。懸賞品が届かない。好不調では計れないが、期待はずれらしい。妻の影響で、スーパーやドラッグストアに行くたびに、懸賞の種を探していたところ、私にぴったりの種を見つけました。

髭剃りを買って応募すれば抽選で「G-SHOCK]が200名様に当たる。多いか少ないかわからないが、47都道府県で考えれば、福島県で4名に当たる。人口を考慮すれば1~2名だが・・・。髭剃りで腕時計って、男の為の懸賞だ。20年前、セブンイレブン10,000店突破キャンペーンで当選した腕時計を愛用している私にぴったり。懸賞で当たった腕時計しか身に着けないのもどうかと思うが、どうか当たりますように。

3回電池交換を行いました。一度オーバーホールをしましたが、秒針はずれたままです。白い文字盤がおじさんくさくて好きです。

価値

取引先の社長との世間話のなかでネットオークションの話になり、サントリーの「響17年」が、現在3~4万円以内で取引されており、台湾や中国などのアジア圏内の富裕層に大人気とのこと。私の記憶の中では、響17年の定価は9,000円前後で、ディスカウントショップなどでは7,000円前後だったと思います。売れすぎてしまい、出荷停止となり、価格が高騰してしまったらしい。以前から気になっていた、「希少価値」という言葉。「希少価値」という言葉は、「プレミアム」「レア」など言葉を替え、日常会話でも簡単に伝わるようになりました。私世代だと、古くはビックリマンのシールやキン肉まん消しゴム、たまごっちやナイキのスニーカーなども社会現象となり、価格にビックリした記憶があります。本当に良いものには、「価値」があるといわれています。不動産業に携わる身である以上、常に変動する価格について敏感で無ければなりません。需要の高低を考え、適正な金額を判断しなければなりません。不動産にも定価があればどんなに楽かと思うこともあります。震災から時間が経ち、価格も大きく変わりはじめようとしています。そのためにも常々、価値について考え続けたいと思います。

お祝いケーキ

義父母の結婚50年を記念して、「サラダの店赤とんぼ」のキャラクターケーキを作ってもらいました。ともに東京出身の2人が、昭和46年から郡山駅前アーケードに店を開いてから47年。名前の無いこのキャラクターには計り知れない思い入れがあると思い、金婚式の記念にプレゼントしました。76歳と77歳の義父母が、いつまで店ができるかわかりませんが、一日でも長く続けばと願います。

 

懸賞生活2018 その14

みんな大好きシーチキンの「はごろもフーズ」懸賞で5,000円分のクオカードが当たりました。「はごろもフーズ」確か3度目の当選です。妻の思いが悪い流れを断ち切りました。さすが主婦の味方「シーチキン」。5,000円もの高額なクオカードの存在を初めて知りました。使用できる企業一覧をみると、世の中で一番便利な通貨?だと思います。

懸賞生活2018 その13

8月に妻が大量に仕込んだ結果が出つつあります。「缶酎ハイ6缶セット」が当たりました。現金で1万円当選時と同じ喜びの妻。当選品の豪華さよりも当たったことがうれしい様です。

金婚式・傘寿のお祝い旅行

義父、義母夫婦の金婚式、叔母の傘寿のお祝いで新潟旅行に行ってきました。私達夫婦は義父母を車に乗せ、郡山から新潟へ。叔母は姪夫婦が付き添い、横浜から新潟へ。新潟で待合せ、村杉温泉、瀬波温泉で二泊旅行をする計画。私は仕事のため一泊だけで帰る予定。総勢12名の団体旅行。途中、喜多方の「あべ食堂」で朝ラー。義父母待望の喜多方ラーメン。

そもそも新潟旅行への目的は、義母が戦時中の疎開先で、幼少期から小学校まで過ごした思い出の地。義母4姉妹のルーツを後世に伝え、残す旅。新潟で合流し、親戚、同級生、疎開先の家へ12名で伺う。近年合っているものの、さらに思い出話に盛り上がる。当然話題は幼少の頃の話。その地に赴くだけで記憶が鮮明に思い返される。村杉温泉の「環翠楼」で宿泊。明治、大正期の離れで構成され、建物を一棟借りる。食事も酒もさすが新潟。松茸の土瓶蒸しも人生初体験。24時間入浴できる温泉にも大満足。

村杉温泉近くの「やまびこ通り」には250余りの歌碑、句碑が立ち並ぶ。田中角栄、安倍晋三総理の句碑もあり、叔母の歌碑も建立とのこと。亡き母を思い、思い出の地に過ぎし日を綴る。5キロ近く続く山道に並ぶ石碑は圧巻。

白鳥の飛来地の瓢湖で蓮を見物、越後一の豪農屋敷「北方文化博物館」へ行き、歴史を知り、詰まり、詰まった旅行はとりあえず終了。私以外は、村上市の「瀬波温泉」で日本海の夕日と日本海の魚を堪能してきたと思います。少人数での旅行も良いですが、10名を超える団体旅行も良いものです。また、一世代、二世代上の価値観の違いも、何とも新鮮で、楽しい旅行となりました。

旅行費用すべてが叔母負担で、何とも情けない話です。自身の母親や義父母へもっと孝行できる様に頑張ろうと思う旅行でもありました。

Home > スタッフブログ

メニュー
郡山 – 賃貸情報
郡山 – 売買情報
白河 – 賃貸情報
白河 – 売買情報
イーライフ・クリエイト スタッフBLOG
イーライフ・クリエイト スタッフ紹介
会社情報
株式会社イーライフ・クリエイト
〒963-8025
福島県郡山市桑野二丁目16-16
TEL : 024-973-6566
FAX : 024-973-6586
Mail:info@elifecreate.jp
お客様の個人情報の
取り扱いについて
対応地域
[郡山エリア]
郡山市,須賀川市
[白河エリア]
白河市,西郷村,西白河郡
リンク
不動産・賃貸のアットホーム
リクルートの不動産・住宅サイト SUUMO(スーモ)
賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク | ホームメイト
郡山市
白河市
西郷村

Return to page top